視界に違和感を感じたら

医者

飛蚊症の原因は加齢によるものの場合と眼の疾患である場合があります。いずれにしても自分で判断するのは難しいので、眼科に行って検査を受けるようにしましょう。できるだけ定期的に訪れることが大切です。

More Detail

目に関する病気と治療

看護師

緑内障は、房水の排出が適切に行われず、眼圧が上昇してしまうことによって視野欠けてしまう目の病気です。一度欠けた視野は元に戻らないため、緑内障にならないためにも、日ごろから目を大切にするように注意しましょう。

More Detail

気づきにくい失明の原因

パソコン

怖い眼の病気

緑内障は、日本では1番の失明原因となる眼の病気です。視神経の異常で、視野や視力に障害が起こるものです。やっかいなことに緑内障は、かなり進行しないと自覚症状がありません。なので現在でもそれに気づいていない患者が相当数いると考えられています。典型的な症状は、視野の一部が見えなくなるというものです。その部分だけがぼやけたり、黒くなるのですが、顔や体が動けば見えなかった部分が見えますし、眼は両方あるので、片方の眼が緑内障で視覚欠損があったとしても、正常な方がその部分をカバーしますのでなかなか気づかないのです。健康診断で眼底検査など視神経の障害を調べるものはありますが、必ず実施するというものではないので、眼科で調べてもらわなければ気づく機会もありません。

早期の発見と治療が重要

今現在、眼が見えている人は、失明するということが想像できないと思いますが、緑内障をほっておけば、いつかは起こりえることです。緑内障となり、視野欠損した部分は元に戻すことができません。つまり、今の医学では完治することはないということです。そのため、早期に発見して早く治療を始めて病気の進行を遅らせるというのが処置方法となります。早期発見のためには、定期的に眼科で調べてもらうというのが1番ですが、簡易的に確認する方法もあります。それは、片方の眼を手で隠し、見ている眼で視野の中のものが全て見えているか、欠損している部分はないかを確認します。当然、両方を確認します。これにより、両目で見ていては気付きにくい視野の異常を確認できます。

黒い虫が見える

カウンセリング

目の前に黒い虫やゴミが浮いているように見える飛蚊症は、何かの病気のサインかもしれません。例えば網膜の感染症で急に見え始めることがあります。そういった場合、基本は治療せず経過観察が普通ですが、眼科を受診する必要があります。原因として眼精疲労などもあるため、そこを改善することも予防、治療となります。

More Detail